お母さんの救急箱

トップページ>お母さんの救急箱


熱が出た時ひきつけた時 下痢をした時風邪を引いたらあせもができた時
咳が出る腹痛の時吐く時 鼻が出る病気の時の風呂の入り方

乳幼児,幼児,小児,咳
乳幼児,幼児,小児,咳
体質的に気管支の弱い子供は、風邪の後やちょっと身体が冷えたりすると、すぐ咳が出ます。 気管支に炎症が及びやすいからです。風邪の後の咳は、痰を排出する為に出ている場合が多いので、やたらに咳止めなどを使ってはいけません。

まず、前胸部と背中の肩甲間部の辺りを、温湿布します。温湿布は、濡れタオルをレンジで1分くらい温めて作ると、簡単です。2回程すればよいでしょう。後は、暖かい手で軽く撫でて、湿気を取っておきましょう。痰がよく出て、早く治ります。

身体全体を冷やさないことも大切です。冷たい飲み物や果物はひかえて、風呂も止めておきましょう。どうしても入りたい時は、寝る3時間以上前に、さっと入って、あとの体温調節をしっかりして下さい。  

気管支が弱い体質やアレルギーがある場合は、身体に冷えが入ると、風邪でなくても、すぐ咳が出ます。咳がなかなか取れない時は、何か身体を冷やすような事をしていないか、考えてみて下さい。

細部にこだわらず、身体全体を丈夫にしていく事を考えていれば、小学校3年生頃までには、ほとんどの心配は無くなっていると思います。

具体的には、粘膜系統(気管支や咽喉など)が弱い場合は、水泳や薄着、乾布摩擦など、皮膚の鍛錬が効果があります。症状がある時には出来ない事もありますから、初夏から鍛えて、冬に向けて準備していくと良いでしょう。

いつもと変わらない食欲があって、元気に遊んでいるならば、薬は必要ありません。咳が出るたびに、気管支拡張剤や咳止めを使っていると、薬が止められなくなります。服薬を中止すると、又すぐ、咳が出る様になってしまうからです。

熱も無いのに抗生剤をずーっと飲んでいたり、抗アレルギー剤を何年も飲んでいたり、びっくりする事もしばしばです。

薬は、必要な時に必要な分だけ使うようにしたいものです。  

 乳幼児,幼児,小児,咳  
いつもと変わらない食欲があって、元気に遊んでいるならば、薬は必要ありません。咳が出るたびに気管支拡張剤や咳止めを使っていると、薬が止められなくなります。服薬を中止すると、又すぐ咳が出る様になってしまうからです。  

熱も無いのに抗生剤をずっと飲んでいたり、抗ヒスタミンを何年も飲んでいたり、びっくりする事もしばしばです。薬は、必要な時に必要な分だけ使うようにしたいものです。  


~心配な咳~
1. 急に激しく咳き込んで、痰に血が混じるような時は、硬いものが食道につかえている場合があります。何か飲み込んでしまったのかもしれません。

2. 高めの熱があって、呼吸が浅く速い時は肺炎の場合があります。

3. 犬の遠吠えのような咳、何回も吐く時、チアノーゼがある時、呼吸困難が強い時。

4. 力ない咳が続き、食欲が落ちてやせてくる時は結核かもしれません。

 


  このような時は、お医者さんに診てもらって下さい。